信頼できるAIを構築するCitadel AI サントリーとの共同検証を完了。グループ横断プラットフォーム構築へ

April 4, 2022
2022
4
4

株式会社Citadel AI(東京都渋谷区、代表取締役 小林 裕宜)と、サントリーシステムテクノロジー株式会社(サントリーホールディングス株式会社100%出資。代表取締役社長 川村 博昭)は、Citadel AIが開発したAIの自動モニタリングシステムの共同検証を完了し、有効性を確認しました。またこの結果を踏まえ、株式会社Citadel AIとサントリーホールディングス株式会社は、3月30日(水)に資本業務提携契約を締結しました。

サントリーグループでは今回の資本業務提携を機に、データガバナンスの基盤としてCitadel AIの活用を推進。AIが持つポテンシャルを最大限引き出し、事業成果を最大化するためのグループ横断のAI学習・運用プラットフォーム構築など、さらに高度なAI活用の体制づくりを目指します。

【共同検証の背景】

サントリーグループでは、IT戦略実行組織であるサントリーシステムテクノロジー(株)により、これまでにも生産計画の立案(※1)や製造ラインでの異常検知をはじめ、R&D・SCMなどの分野で幅広くAIを活用してきました。AIを業務適用してサービスリリースした後に、AIが持つポテンシャルを最大限引き出すことが重要ですが、AIの性能を維持・改善することは難しく、国の研究機関もガイドライン(※2)を公開しています。

AIを活用して効果を出し続けるためには、システムに対する入出力データの確認やデータを適切に学習し性能が向上していることをモニタリングする機能など、様々な技術が要求されます。また専門のエンジニアであっても多くの作業時間を要し、完璧に行うのは非常に困難でした。

※ 1 サントリー食品と日立が協創を通じてAIを活用した生産計画立案システムを開発

 https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0756.html

※ 2 産業総合研究所 2020年「機械学習品質マネジメントガイドライン」より

 https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2020/pr20200630_2/pr20200630_2.html

 

【共同検証の内容】

サントリーシステムテクノロジー(株)は、R&DおよびSCM領域における稼働中のAIに対して、Citadel AI社のサービスを以下観点から検証しました。

  • AIの弱点やAI精度の監視・評価が、瞬時に網羅的に実現できること
  • AIの学習・運用時におけるバイアス・データドリフト等が、ビジュアルに簡便に分析できること
  • AIのモデルのバージョン管理やデータのログ分析機能により、性能比較・改善が容易に行えること
  • 稼働中の様々なAIシステムに対して、大きな変更なく汎用的に適用できること
  • 上記の機能が統合されたサービスとして利活用できること

検証の結果、Citadel AIのシステムは、AIの性能維持・改善に必要となる様々な機能をシングルパッケージで備えており、サントリーグループのAI性能向上に長期的に貢献するとの判断に至りました。今後サントリーグループでは、データガバナンスの基盤としてCitadel AIの活用を推進し、事業成果を最大化するためのグループ横断のAI学習・運用プラットフォーム構築など、さらに高度なAI活用の体制づくりを目指します。

【 Citadel AIの製品について】

従来のソフトウェアと異なり、AIは繊細で容易に品質が劣化してしまいます。ビジネスリスク・セキュリティリスクが顕在化する前に、異常を検知・防御することは、今後の企業経営にとって必要不可⽋です。Citadel AIは、こうした課題解決に向け、⼀般の企業であっても簡便に使うことができる、以下2種類の⾃動化ツールを提供します。

AIのモデル開発を簡易化するローコードツールは多数あるものの、開発から運用までのAIの全てのライフサイクルステージにおいて、瞬時にAIをテスト・モニタリングし、AIの性能維持・改善に貢献するツールは他に類を⾒ず、画期的な「データセントリック」ソリューションです。お客様のAIを改修することなく、様々なAIのモデルに対し汎用的に、外部から簡単に適⽤できることが最大の特徴です。

開発〜PoC時に潜む「⼈⼿作業では検出困難なAIの弱点」を瞬時に⾃動テストし点数化することで、お客様が安⼼して運⽤ステージに移⾏できる環境を提供します。複数のモデルバージョンの性能⽐較や、原因分析を容易に⾏うことが可能です。PoCを加速化する「⼈間ドック」のような機能を提供します。

運⽤時のAIの異常を、「⼈⼿による⽬視検査やラベル付けすること無く」リアルタイムで⾃動検知・防御し可視化(XAI)することができる⽇本初のシステムです。⼈為的ミス・データパイプラインのバグ・環境変化・AIへのアタック等に関わる異常を⾃動検知することが可能です。運⽤中のAIを常に⾒守り、異常から防御する「ボディーガード」機能を提供します。

【サントリーシステムテクノロジー株式会社について】

代表取締役:川村 博昭

本社:   大阪市北区堂島

設立:   1990年3月29日

企業URL: https://www.suntory.co.jp/sst/

【株式会社Citadel AIについて】

Citadel AI社は、2021年度の第4回 東大1stRoundにて採択された、米国Googleの元AIインフラ構築責任者が開発をリードするスタートアップです。2021年9月には東大IPC並びにANRIのベンチャーファンドからシードラウンドの資金調達を実施。現在事業拡大に向け、創業期ソフトウェアエンジニアを募集中

代表取締役:小林 裕宜

本社:   東京都渋谷区代々木

設立:   2020年12月10日

企業URL: https://www.citadel.co.jp

Back to Homeトップページに戻る